出会い 出会い系サイトの口コミ 出会い系サイトの簡単攻略 出会い系サイトのランキング 出会い系サイトのお役立ち情報 写メの掲示板 メル友の出会い セフレの出会い 逆援助の出会い 中高年の出会い ロリ巨乳の出会い 人妻の出会い 熟女の出会い 出会い系サイトのクチコミと評判 悪質出会い系のクチコミ 出会い系サイトのサクラ SENTARの攻略 女性の出会い系口コミや評価 出会える出会い系サイトのランキング 恋のお便り攻略情報 YOUTUBEのエロ動画まとめ 出会い系サイトのランキング TUBE8のエロ動画まとめ セフレ掲示板でセフレと出会い 裏アゲサゲのエロ動画まとめ 芸能人・女優の濡れ場ヌード動画 放課後の少女 萌えた体験談のコピペ

2009年05月29日

二人の弟

288 名前:237投稿日:01/11/19 23:16
ここは謎な話ということで。
幼稚園のころ、一歳違いの弟と近所の公園で遊び
家に帰る途中のできごと。
その日、なぜか弟は足がのろく、
何度も先にいってしまいそうになった。
やがて自分と弟との距離は50、100メートルとあいていった。
道は長い直線。
母親に弟を責任もって連れて帰ってきて、誘拐とかあるとこわいから
といわれていたので自分は後ろをふりかえり、弟の姿を確認しつつ
歩いていたのだが、距離は不思議に広がるばかり。
ついにその道を大きく曲がって、自分一人家についてしまった。
するとテレビの前で弟がねっころがっているではないか。
状況が飲みこめず、
もう一度長い直線の道までひき返したが
すでにそこには弟の姿はなかった。
川をはさんでいるので
弟が近回りしたとはとても思えない。
心配してずっと見てたし。
だからテレビの前の弟を本当の弟だと
考えることにした。
今考えれば、遊んでいた弟はどこにいってしまったのだろう。
気になる。

posted by tick at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤い鬼

276 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:01/11/19 06:49
小学生の頃、私の母親の後を付いて歩く小さな赤い鬼みたいなのを
家の中で何度か見ました。
目が大きくてニコニコしてたので怖くはなかったんだけど・・・
幽霊とは違う感じだし、あれは何だったのか・・・?

posted by tick at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引出しの手

237 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:01/11/18 02:19
小さい頃見た夢。顔はあるのに目鼻口もない人が自分をもちあげて
乱暴に下にたたきつけられ、またもちあげられ
どこかに運ばれてまたたたきつけられるといったことを繰り返された。
ああ、こわいなって
思った瞬間、目がさめた。
たんすのすぐ横のいつもの布団の中だったが、
下から3段目のひきだしがあいており、そこから人の手が
まさに引き出しの奥へ帰っていくのがはっきり見えた。

posted by tick at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

宇宙人

235 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:01/11/18 01:46
ある日の夢。
ふっと気がつくと真っ白い部屋で家具など一切無い
無機質な空間の中で目がさめる。
なんだこりゃ?と思っていると
自分の横に上から下まで銀色の、SF映画にでてきそうな
宇宙服?を来た男(多分)がいた。
「あんた誰?」と聞くと、
「私ですか?宇宙人ですよ!」と答えた。
・・・というだけの夢なんだけど
すんごく苦苦しい言い方と自分への憎悪が感じられて、
夢からさめた後もイヤーな気分がのこってる。
当時他人とのトラブルや悩み事も思い当たることが
ないのですごく不愉快な夢で10年以上経ったいまでも
記憶にのこる夢。

posted by tick at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白いもの

201 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:01/11/15 07:29
不思議な現象というか物体?

部屋の中で壁当て一人キャッチボールをしてた時のこと。
飼ってる猫が俺の傍に近寄ってきた。
ボールが壁に当たる音で猫を驚かそうとして全力投球した。
んで、そのまま戻ってくるはずだったのに
左の壁から白い物体が飛んできて俺の投げたボールに当たって
そのまま消えた。消えた瞬間は見てないけど部屋を探してもそんなもの見当たらない。
ちなみにボールはビニール製で色は緑のやつ。
不思議な物体は白でボールより二周り大きいぐらい。
当時、小六だった俺は親にそのことを説明したけど信じてくれなかった。
親はその時の話を覚えてる。

posted by tick at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。