出会い 出会い系サイトの口コミ 出会い系サイトの簡単攻略 出会い系サイトのランキング 出会い系サイトのお役立ち情報 写メの掲示板 メル友の出会い セフレの出会い 逆援助の出会い 中高年の出会い ロリ巨乳の出会い 人妻の出会い 熟女の出会い 出会い系サイトのクチコミと評判 悪質出会い系のクチコミ 出会い系サイトのサクラ SENTARの攻略 女性の出会い系口コミや評価 出会える出会い系サイトのランキング 恋のお便り攻略情報 YOUTUBEのエロ動画まとめ 出会い系サイトのランキング TUBE8のエロ動画まとめ セフレ掲示板でセフレと出会い 裏アゲサゲのエロ動画まとめ 芸能人・女優の濡れ場ヌード動画 放課後の少女 萌えた体験談のコピペ

2009年06月03日

瞬間移動

346 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:01/11/24 23:55
小学校3年の頃、風邪で数日休んだ休み明けに学校に行ったら、
私の寝床のとなりの部屋にあったコタツの上の物が、ごっそり
学校の教室に落ちていた(教室に一番最初に来た子によると)。
私の祖父の名前宛ての国民年金通知ハガキや私が熱で汗を拭いたときのタオル、
洗面器、etc・・。登校時に先に来てたクラスメートに
「これ、お前の名字が書いてあるけど(←ハガキ)、お前のじーちゃんの?
なんでこんなとこにアんの?それにこれ、他のも皆、お前の???」と言われ、
私が「なんでこんなとこにあんの???どーしたのこれ?」
クラスメート「知るかよ!」とこんな会話を交わしていると、担任の先生が来て、
「これ、あなたのでしょ?どうしてこんなの学校にあるわけ」と叱られ、
私は「なんでこんなの学校にあるんですか!?」と恥ずかしくなり
先生に「これ、教室に落ちてたって言ってたわよ!さっさと片づけなさい」
とさらに叱られ・・・。落ちてたって???なんで??
帰宅して母にブツくさ言いながらランドセルから先生に渡されたウチの私物を
取り出して渡したのを覚えている・・。
これは母もすごくよく覚えていて、「コタツの上のものテレポート」として
今もよく話します。泥棒・・・?じゃないよねえ??なんだろう。

posted by tick at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄関に・・

338 名前:とっとこハム太郎投稿日:01/11/24 19:12
朝仕事に行こうと思い
アパートの玄関をあけると、
足下にプチダノンが、綺麗に一列に並べてありました
足で蹴飛ばして仕事に行きました
夕方家にもどるとまたプチダノンが....
また蹴飛ばしました。
これが3日ほど続きました。
この恐怖は誰にもわかってもらえなかったのでつらかった
たいてのひとはこの話を聞くと笑うだけです。
でも本人は、ものすごいストレスです。

posted by tick at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落書き

320 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:01/11/22 15:13
とある城址公園の中のトイレに落書きがあったんです。

6月24日「こわい」
6月25日「でもここに来ずにはいられない」
6月26日「上からあいつが来る」

その先も何か書いてあったらしいのですが
消えてました。
怖くて上を見られませんでした。



posted by tick at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

あくび

313 名前: 投稿日:01/11/20 18:22
すごく小さい頃、両親と布団を並べて寝ていた。
真っ暗な部屋の中で「さぁ、寝るか」という時に父親があくび。
父親のすぐ横のフスマにあくびをする父親の影がうつってる。
意識したわけじゃなく、その影をジッと見ていたのだが、
なぜかその影が綺麗な緑色。しかも父親が布団に入ったあとも、
あくびした時そのままの状態で首から上だけの緑色の影がフスマに残ってる。
両親にも言い出せず、そのまま寝付けなかった私は何度もフスマを
確認したのだけれど、ずっとそこに影があった。

posted by tick at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕時計

289 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:01/11/19 23:55
10年ほど前のはなし。
父親が癌で入院していて、ついに
昏睡状態に。家族はもちろん父親に普段
とてもかわいがってもらってたイトコも
病室に来ていた。
夜半過ぎ、父は息を引き取った。
しばらくしてボーゼンと腕時計を見る。
しかし腕時計は父親の死亡時刻で止まっていた。
イトコに時間を尋ねると、彼の時計も同じ時刻で
止まっていた。2つの時計とも、入学祝いにと
父から贈られていたものだった。
今、思い出しても不思議な気持ちと、
深い悲しみに襲われる。

posted by tick at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。